「第14回体操研究集会」のお知らせ

「第14回体操研究集会」のお知らせ

日本体操学会 第14回体操研究集会

日時   2019年 3月 3日(
10:30~13:30 (10:00 受付開始)
場所   新潟大学 駅南キャンパス ときめいと(新潟駅直結)
内容   大塚理事長による、小・中・高校の新学習指導要領改訂における体操領域からのアプローチ方法について講演及び演習。
 その後、若手研究者を対象とした情報交換会を予定。

*詳細が決まりましたら後日掲載いたします。
 

「第13回体操研究集会」終了しました

「第13回体操研究集会」終了しました

日本体操学会 第13回体操研究集会

以下の日程で「第13回体操研究集会」を開催しました。開催要項(PDF)

 
日時
 
2018年 33日() 13:00〜16:00
 
会場
 
女子栄養大学  坂戸キャンパス 
 
■ 所在地:〒350-0288 埼玉県坂戸市千代田3-9-21
■ 最寄駅:東武東上線若葉駅より徒歩3分  アクセス
 
プログラム
【1部 講演】 13:00-14:30 「地域保健活動の実際と健康体操指導者の役割」
 本講演では演者が実施している地域の健康づくり支援の具体例として弘前大学医学部で平成17年から実施している「岩木健康増進プロジェクト」の活動内容を紹介する。また、これに加え名城大学薬学部と愛知県薬剤師会が昨年度より開始した「健康サポート薬局」において健康づくりの役割を担える薬剤師の育成に関する事業を紹介する。さらに、これらの活動のなかで生じている健康体操指導者に対するニーズとその役割を講演する。

講演者:梅田 孝 氏 (名城大学 薬学部薬学科 教授)
 スポーツ医学の研究活動では国内トップアスリートを対象に,健康状態やコンディション状況を医学,体力学,心理学,栄養学等の観点から包括的に調査,検討し指導にあたっている。また,健康科学に関する研究活動として弘前大学と共同で青森県弘前市岩木地区住民を対象に,生活習慣病の予防,改善と健康の維持・増進を目指した地域保健活動である「岩木健康増進プロジェクト」を企画,運営している。
【休憩 ブレイクタイム】 14:30 - 15:00
 お茶やお菓子をいただきながらコミュニケーションタイム


【2部 若手研究者 研究情報交換会】 15:00-16:00
若手研究者を対象とした、取り組んでいる研究テーマや興味のある話題に関する情報交換会。共通の研究分野等でグループを作り、共同研究などの相談や講師採用などの情報交換を行う。

進行役:檜皮 貴子(新潟大学 教育学部 講師)
 平成19年3月筑波大学大学院体育研究科修了し、同年4月に東京藝術大学に保健体育科の助教(3年任期)として就職。就職と同時に、筑波大学大学院人間総合科学研究科コーチング学専攻に入学し、同課程を平成26年に修了。
 現在は3校目の赴任大学である新潟大学教育学部において、保健体育科および小学校の教員養成に携わっている。担当科目は、保健体育科教育法、小学校体育(実技)、体操(実技)等。体つくり運動領域における単元構成や教材、指導法について研究を進めている。
 
対象
 
日本体操学会 会員、 一般参加者、大学生、 その他
 
参加費
 
無料   ※ブレイクタイムでお茶とお菓子のセット500円で販売(事前に予約をされた方のみ)

「学校体育分科会 第1回研修会」実施報告

「学校体育分科会 第1回研修会」実施報告
開催案内

キッズ分科会 - 2017年度 活動報告 –

キッズ分科会 - 2017年度 活動報告 –
2017年度は、運動を行う際の子どもの「主体性」「対話」といったキーワードを踏まえ、「子どもの世界観(イメージ)を大事にした体操」をテーマにしかのてつや氏や鈴木玲子氏が創作した以下の体操音楽に合わせて子どもや実施者が動きを自由にアレンジできる体操の提案と、分科会メンバーのフィールドで実践した報告を行ないました。また、参加者と一緒に動きながら対象別の展開例、バルーンなどの用具を取り入れた発展例などの紹介や意見交換も行ないました。参加者はたべものやいきものをイメージしたオリジナリティのあるユニークな動きを考えたり、金太郎のかけ声をかけながら大きく動いたりと終始笑顔あふれる分科会となりました。
音楽を使った体操

1. カレーライス
2. たべものたっぷりたいそう
3. いきものへんしんたいそう
4. 金太郎体操 など

※2.3の詞・曲: しかのてつや
※4: 鈴木玲子

第17回学会大会での様子

オンラインジャーナルを更新しました

オンラインジャーナルを更新しました

ISSN 1883-5872

科学技術情報発信・流通総合システム:

VOL  タイトル / 研究者
種類
第14巻

公開
2018-1-15

組体操の呼称と学習指導要領への位置付けに関する研究

新原 俊樹(九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻)

研究資料


975KB

第13巻

公開
2017-12-20

ラート運動におけるDoppelknieumschwungの
技術に関する発生運動学的考察

堀口文(愛国学園保育専門学校非常勤)
佐野淳・本谷聡(筑波大学)
高橋靖彦(法政大学非常勤)

研究ノート


2.1MB

第13巻

公開
2017-11-24

幼児の主体的な運動活動を支える指導者の役割
 −保育所における体操教室からの一考察−

古屋朝映子(川村学園女子大学・筑波大学大学院)
長谷川聖修(筑波大学)

研究ノート


620KB

第13巻

公開
2017-2-17

大型ボールの新しい利用方法の開発
~高齢者も安全に活用できるダイナミックボール~

大竹佑佳・金子嘉徳・鞠子佳香(女子栄養大学)
長谷川千里(東京女子体育大学)

研究ノート


996KB

第12巻

公開
2016-10-20

多様な年齢・体力レベルの中高年者を対象とした
集団型運動教室の試み

金子嘉徳・鞠子佳香・大竹佑佳(女子栄養大学)
長谷川千里(東京女子体育大学)

研究論文


602KB

第12巻

公開
2016-4-4

静的及び動的荷重による各種大型ボールの変形と使用感の比較

高橋靖彦(NPO法人アクティブつくば)
鈴木王香(國學院大學人間開発学部)
田村元延(常葉大学短期大学部)
本谷 聡(筑波大学)
小島瑞希(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
古屋朝映子(川村女子学園大学)

研究資料


760KB

第12巻

公開
2016-3-25

Gボールを用いたプレ(イ+トレ)ーニングの試み
~ジュニアサッカークラブを事例として~

鈴木王香(國學院大學人間開発学部)
長谷川聖修(筑波大学体育系)
亀田まゆ子・沖田祐蔵・鈴木幸光(NPO法人日本Gボール協会)
高橋靖彦(NPO法人アクティブつくば)

研究ノート


602KB

第11巻

公開
2014-10-23

大学生による体ほぐしの運動実施後の
気づき・調整・交流に関する記述

加藤 享(北海道教育大学大学院教育学研究科)
古川善夫・村田芳久(北海道教育大学)

研究ノート


1.3MB

第11巻

公開
2014-3-26

「素早い往復走」における動きの質の高まりに関する研究

加納岳拓(四日市市市立内部東小学校)
太田直己(三重大学大学院 四日市市立日永小学校)
矢戸幹也(三重大学教育学部附属小学校)

研究ノート


569KB

第11巻

公開
2014-2-19

小学校中学年を対象とした「体つくり運動」教材の検討
—Gボールを用いた運動指導に着目して—

田村元延(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
古屋朝映子(筑波大学)
高橋靖彦(NPO法人アクティブつくば)
鈴木王香(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
長谷川聖修(筑波大学)

研究ノート


2MB

第11巻

公開
2014-2-13

幼児の自発的な動きを引き出す遊具に関する事例研究
~使用方法を示さない遊具「ビリボ」に着目して~

古屋朝映子(筑波大学)
田村元延(常葉大学短期大学部/白鷗大学非常勤講師)
    (筑波大学大学院人間総合科学研究科)

研究論文


1MB

第10巻

公開
2013-9-30

健康増進施設としての公園利用に関する研究 第2報
—タイ、ルンピニ公園の2004年と2012年の早朝運動実施者への
アンケート調査から健康増進施設としての公園の可能性を探る—

金子嘉徳・鞠子佳香・長谷川千里(女子栄養大学)

研究論文


1.7MB

第10巻

公開
2013-3-28

大型ボールを使用した運動の心理的効果に関する研究
−二次元気分尺度測定による運動前後の気分変化に着目して−

鞠子佳香・金子嘉徳・長谷川千里(女子栄養大学)

研究ノート


905KB

第9巻

公開
2012-6-27

大型ボールの身体的効果に関する研究
−平衡性機能と姿勢保持のトレーニング効果に着目して−

鞠子佳香・金子嘉徳・長谷川千里(女子栄養大学)

研究ノート


993KB

第9巻

公開
2012-6-19

効率よく組み合わせた体力を高める運動の推定Mets

西宮祐磨(北海道教育大学 大学院教育学研究科
     教科教育専攻 保健体育専修)
古川善夫(北海道教育大学旭川校)

研究ノート


525KB

第8巻

公開
2011-2-27

【第6回 日本体操学会 学術集会 講演資料】

海軍兵学校第78期生とデンマーク体操

菊池昭一郎(デンマーク体操指導者)

研究資料


1.5MB

第7巻

公開
2010-10-12

大学校歌にあわせた自校体操の考案と
その有用性に関する研究

金子嘉徳・長谷川千里・鞠子佳香(女子栄養大学)

研究ノート


1.3MB

第7巻

公開
2010-9-29

ラート初心者に対する指導上の留意点の提案
—粗形態獲得前後に現れる特徴を基に—

深瀬友香子(目白大学)

研究ノート


2.9MB

第7巻

公開
2010-9-27

「気づきスコア®」の‘身体の調子’に関する検討
 —健康体操実施において—

三浦玲子(芝浦工業大学工学部非常勤講師)
小嶋紀子(慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程)
澤田弘子(健康運動指導士 エンドース ユア ライフ合同会社)

研究ノート


2.2MB

第7巻

公開
2010-4-28

地域の踊りを利用したオリジナル体操の創案に関する研究
—「坂戸よさこい体操」の可能性を探る—

長谷川千里・金子嘉徳・鞠子佳香(女子栄養大学)

研究論文


2.5MB

第6巻

公開
2009-11-24

「水中体操理論」

渡辺律子(跡見学園女子大学)
柳 宏 (都留文科大学)

総説


590KB

第6巻

公開
2009-10-14

J女子大学生の日常生活歩数の実態に関する研究
-健康づくり実技科目との関連より-

長谷川千里・金子嘉徳・鞠子佳香(女子栄養大学)

研究ノート


463KB

第6巻

公開
2009-7-22

健康づくり推進のための運動用具の開発に関する研究
-食育での活用を意識したオリジナル体操の開発-

金子嘉徳・鞠子佳香・長谷川千里(女子栄養大学)

研究論文


914KB

第6巻

公開
2009-3-9

「体操の糸」を紐解く —我が国の体操事情—

佐原龍誌(多摩美術大学)

研究資料


712KB

第5巻

公開
2008-7

「体つくり運動」に関連する授業内容についての意識調査
-体育系大学生を対象として-

青木和浩(順天堂大学 スポーツ健康科学部)
河村剛光(順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科 博士後期課程)

研究論文


333KB

第4巻

公開
2007-2

健康増進施設としての公園利用に関する研究

金子嘉徳(女子栄養大学)
春山文子(実践女子大学)
鞠子佳香・長谷川千里(女子栄養大学)
荒木達雄(日本体育大学)

研究論文
第4巻

公開
2007-2

高齢者を対象とした転倒予防体操の試案

檜皮貴子(筑波大学体育研究科)

研究論文
第4巻

公開
2007-2

JPクッションを用いた体操が下肢の筋電図活動と運動感に及ぼす効果

板谷 厚(筑波大学人間総合科学研究科)

研究論文
第3巻

公開
2006-5

水中竹馬の有用性と適用範囲の検討

中尾恵理・水野良美
(三重大学教育学部生涯教育課程スポーツ健康科学コース)
重松良祐(三重大学教育学部保健体育講座)

研究論文
第2巻

公開
2005-10

新しい運動プログラムとしての水中竹馬の試案

水野良美・中尾恵理
(三重大学教育学部生涯教育課程スポーツ健康科学コース)
重松良祐(三重大学教育学部保健体育講座)

研究論文
第1巻

公開
2003-10

高等学校における「体つくり運動」に関する一考察

青木和浩(順天堂大学非常勤講師)
飯塚浩史(中央福祉医療専門学校)
須田柳治(順天堂大学)

研究ノート