キッズ分科会 - 2017年度 活動報告 –

2017年度は、運動を行う際の子どもの「主体性」「対話」といったキーワードを踏まえ、「子どもの世界観(イメージ)を大事にした体操」をテーマにしかのてつや氏や鈴木玲子氏が創作した以下の体操音楽に合わせて子どもや実施者が動きを自由にアレンジできる体操の提案と、分科会メンバーのフィールドで実践した報告を行ないました。また、参加者と一緒に動きながら対象別の展開例、バルーンなどの用具を取り入れた発展例などの紹介や意見交換も行ないました。参加者はたべものやいきものをイメージしたオリジナリティのあるユニークな動きを考えたり、金太郎のかけ声をかけながら大きく動いたりと終始笑顔あふれる分科会となりました。
音楽を使った体操

1. カレーライス
2. たべものたっぷりたいそう
3. いきものへんしんたいそう
4. 金太郎体操 など

※2.3の詞・曲: しかのてつや
※4: 鈴木玲子

第17回学会大会での様子